合格率. 本リストは一番乗りキャンペーン対象受験日の受験月順・同月内五十音順に掲載させていただいております。, ORACLE MASTER Cloud Oracle Database Cloud Service, Oracle Database Cloud Learning Subscription, 担当しているお客様のシステムでは、11g から 12c のコンテナへの統合集約を行っており、今後 Cloud 化が視野に入ってくるであろうことが強く感じられます。そのような状況の中で Oracle Cloud を提案出来るよう体系的に知識を身につけ準備するために本資格が最適と思い資格取得を思い立ちました。, Cloud 特有の難しさを感じましたが基本をしっかり抑えておけば合格点を取得するのはそれほど難しくないと感じました。, 以前 Oracle Cloud の説明を受けた際、便利で有用なサービスであると感じました。今後需要が伸びるとともに高い管理者スキルが求められていく予感があり、人より先んじて身につけたい、取り込みたいと思いました。, Oracle Database Cloud Service を取り扱うには GUI と CUI の双方でのメニュー、コマンドの各用途を熟知しておく必要がありますが、本試験では双方がバランスよく散りばめられており、適度な難易度も含めて認定試験としてふさわしいものと思います。, お客様より柔軟なスケーラビリティ、運用コストの削減を随時求められていく中で、今後 Oracle Cloud を提案する機会が増えてゆくものと考えます。その際、説得力にプラスアルファできるものとして有用な資格であると思われるため、是非取得を目指してください。, Oracle Database Cloud Service を利用しており、資格が出来たと聞き自身の知見を明確化するとともにレベルを確認したかったためです。, 思っていたよりもネットワークの知見を求められました。DBaaS 自体の操作も十分勉強する必要がありますが、私にはネットワークの設定部分が難しかったです。, ネットワーク上の離れた場所にあるサービスを利用しますので、ネットワークの設定やセキュリティなどは必須要素、この辺は重点的に勉強すべきです。それとやはり実際に Database Cloud Service を使い、必要な設定を全て自分で行うことが最良の受験対策だと思います。, 弊社では Oracle Cloud を活用したデータベースサービスの提供を目的として、技術習得に早くから取り組んでおり、その成果を試すために受験しました。, Oracle Database Cloud Service と関連付けて、マルチテナント・アーキテクチャ等の 12c 新機能やデータベース移行の問題が多数出題されていました。ポイントを押さえておけば、難易度が高過ぎるということはないと感じました。, 出題範囲は比較的狭いので、Oracle Cloud の無償トライアルを利用してマニュアルの内容を実機で確認しながら理解を深めることをお勧めします。, 会社として Oracle Cloud のスキルを対外的にアピールしたいと考えたことが一番の理由です。ただ、元々 Oracle 製品以外も含めて Cloud 環境に全く触ったことがなかったため、Cloud がどのようなものなのか、漠然とした興味がありました。今後 Cloud を扱う機会が出てきた際に少しでも柔軟に対応できるようにしておきたいという思いもあり、今回の資格取得に至りました。, Oracle Database の基本的な知識があることが前提ですが、Oracle Cloud に特化した内容もあれば、Cloud 全般での知識を問われるような問題もあります。全体的な仕組みを理解していれば回答可能な出題内容だと感じました。, 資格取得において必須ではないのですが、良い機会ですので、トライアル版などを利用されてみるのがおすすめです。実際に触ってみると、思っているよりも敷居が低いことが分かると思います。, Oracle Database を使用したシステム構築に従事するものにとって、クラウドとオンプレミスで同一の実装を可能にする Oracle Database Cloud Service(DBCS)を押さえておくことは必須と考え、その基礎知識の習得レベルを確認できる良い機会と思いました。, DBCS の仕様や、Oracle Database の移行やスケーリング、セキュリティについての設問が中心でした。DBCS や Oracle Database の基本仕様をしっかり押さえておいたので、適切な難易度だと感じました。, Oracle 社が提供する無償トライアル環境などで実際に DBCS を体感し、また、, 今後クラウドを活用した提案やソリューションが増えていくと考え、いち早く資格を取得しようと思いました。, 所属している事業部において、お客様が Oracle Cloud Service を導入する際にスムーズにご利用いただけるよう、ご支援をさせていただいております。今後加速するクラウドへの移行、およびオンプレミスとクラウドのハイブリッド化に際して、お客様に安心して Oracle Cloud Service をご利用いただけるよう、技術力の裏付けとなる資格試験である ORACLE MASTER Cloud Database Cloud Service に挑戦し、取得しようと決意しました。, テスト内容チェックリストをベースに、各種コンテンツを利用し、学習したことにより、受験時に全く見たことのない問題、また全く手のつけられない問題というのは、特にありませんでした。しかしながら、Oracle Cloud の各種画面の情報をしっかり頭のなかでイメージ出来ていないと間違える可能性がある問題などがあります。また、あやふやにキーワードを覚えていると引っ掛かるような問題等も幾つかありますので、注意が必要です。, 今年に入ってから Oracle Database Cloud Service (DBCS) 関連の作業に携わっています。自分のスキルレベルを確認するために受験しました。, 実機に触れる機会があれば、是非自分の目で確認されるのがよいと思います。また、DBCS 固有の設定や定義がありますので、マニュアルで確認しておくことをお勧めします。, 私の所属事業部では、オンプレミスからクラウドまで、ITプラットフォーム全般のソリューションをお客様へご提供しています。Oracle Database Cloud Service に関しましても、適切なご支援ができるよう、体系的なスキルを身につけるべく、本資格を取得しました。, DBaaS インスタンスの管理や、バックアップ、セキュリティ、パフォーマンス問題の対処方法、オンプレミスからクラウドへの移行に関する制限事項など、幅広い知識を問われます。, 今後の業務の中で、Cloud Service を利用できる場面が来るかもしれないと思い、早い段階で資格取得しておこうと思いました。, 具体的な操作を問われる問題が多く見受けられたため、マニュアルを事前に確認しておく、もしくは実際の環境に触れておくことが重要だと思いました。, Oracle Database Cloud Service に関するソリューションの提供にあたり、Oracle Database Cloud Service の知識とスキルを有していることを客観的に証明するためです。, 出題内容はOracle Database Cloud Serviceの基本的な知識を問う問題が多かった印象です。また、Oracle Database Cloud Serviceの基本機能を一通り実機検証していたこともあり、出題に対して自信を持って回答することができました。, 無償トライアル環境もあるので、実際に Oracle Database Cloud Service を使用してみることをお勧めします。, 早くから Oracle Cloud の検証等の業務に携わっていたこともあり、ほとんどの機能は把握している自信がありました。資格試験で力試しをしつつ、知識の網羅性を上げる狙いで取得を決意しました。, 実際に Oracle Cloud 環境で一通りの機能を試してみるのが一番身に付きます。加えて、マニュアル全体を一読すると合格率がぐっとアップすると思います。Database Cloud Service に限ればそれほどマニュアルの分量もありませんので、余裕があれば読んでみることをお勧めします。, 昨今の各種セミナー、展示会などに参加させていただいた際に、クラウドを核にビジネスを展開する流れを感じており、Oracle Cloud に関する基本技術を取得すべく受験することを決めました。, オンプレから Cloud への移行手段など、一部 Oracle Database のノウハウも必要ですが、Oracle Cloud 固有の機能(セキュリティ、スケーリングなど)を理解力が求められると感じました。, マニュアルなどからの勉強も有用ですが、Oracle Cloud の無償トライアルを活用し、積極的に触ってみることが重要だと感じました。, Oracle Cloud Database Service を使用した自社サービスを作成したことがきっかけで、Oracle Cloud に興味をもち、本資格を受験しました。, 実際にサービスを使用していないと解答が難しいと感じる問題が多かったです。各画面で何が出来るかをしっかり把握する必要がありました。, 机上でマニュアルを読むよりも実機を使用して、各画面で何が出来るかをしっかり把握すればそれほど難しくないと思います。, 昨秋頃より Oracle Database Cloud Service の検証で触れる機会があり、腕試しでチャレンジしてみようと思いました。, マニュアルに記載があるすべての手法は試さなかったため、オンプレから Oracle Database Cloud Service の移行問題が難しく感じました。, これまでに、多彩な案件を通じて Oracle Database は勿論のこと、Exadata、GoldenGate など様々な製品について技術を習得してきました。自身の仕事の幅を増やすために、Oracle Database Cloud Service の技術を取得したく、技術習得の目標として本資格にチャレンジしました。, Oracle Database Cloud Service の知識だけでなく、Oracle Database についても幅広い知識が必要でしたので、難易度として比較的難しく感じました。, Oracle Database Cloud Service は無償トライアルが用意されておりますので、本資格を学習の際には積極的に活用いただけたらと思います。, 弊社では、Oracle Database と Oracle Cloud に対応した幅広いサービスをお客様へ提供する為に検証及びサービス検討/開発を行っています。その中で、Oracle Cloud における弊社の技術知識を示す一つの指標として、本試験を受験いたしました。また、資格を取得していることで、お客様により一層安心して弊社サービスをご利用いただけるのではないかと考えております。, Oracle Database の基本知識も問われますが、Cloud に特化した問題が多く出題された印象を受けております。また、実際に Oracle Cloud を使用する観点での問題が多く出題されておりますので、Oracle Cloud の使用経験の有無が、大きいのではないかと思います。Oracle University のおすすめ研修サービスで案内されている「, まずは、無償トライアルで Oracle Cloud を実際に使用してみることが試験合格への近道であると思います。実際に使用してみることで、IaaS や Storage など他のサービスとの関連がどのようになっているかの理解も容易になると思います。その後は、マニュアルを読むことが重要となります。他の試験と方法は同じになりますが、チェックリストとマニュアルの項目を見比べて、漏れがないように確認していくことが大切であると思います。, 業務で Oracle Database Cloud Service を利用する機会が多くなり、サービスを利用する上で DBCS の仕組みを理解する必要があったのがきっかけです。資格取得に向けた学習を通して、基礎的な部分を固めたいと思いました。, 試験では DBCS 固有の知識や、Oracle Database の管理に必要な知識が若干問われました。特に DBCS の管理に関する知識は中心となる部分ですので、しっかりと対策をする必要があります。, やはり一番の対策は実際に DBCS を使ってみることだと思います。無料トライアルが利用できますので、そういった機会を利用して Web 上の操作に慣れておくと良いでしょう。, Oracle Database Cloud Service は近い将来、Oracle Database を扱うエンジニアにとって避けては通れない重要なサービスになると考えており、弊社でも DBCS のサービス拡充を検討していました。そんな中で本資格リリースの話を伺い、体系的な学習を行う良いきっかけになると考え、本資格を受験しました。, 既に DBCS に慣れ親しんでいる方は、総復習として受験されると、意外と便利な機能やツールに気付くことができるかもしれません。DBCS を触ったことがない方は、まずは気楽に無償トライアル環境に申し込んで、DBaaS インスタンスを作成してみると良いでしょう。管理画面は直感的に操作できるようになっているので、事前知識が無くてもある程度の作業はできるはずです。イメージをつかんでから、マニュアル等で学習を進めることをお勧めします。, 私は社内で クラウドやセキュリティ製品など、これからのビジネスの中核になる新技術を取り入れていく部署におり、今後、お客様がデータベースを選択するうえで大きな選択肢の一つになると考えられる Oracle Database Cloud Service についていち早く技術を身に着けていきたいと考え受験に至りました。, Oracle Database Cloud Service インスタンスの作成、接続、管理や移行方法などDBCS を使用するにあたり、重要な項目が全て網羅されており、資格の勉強を行う過程でDBCSの使い方が身につくとてもよい試験だと思いました。難易度としては難しすぎず、簡単すぎず、一通りの機能を学習して臨めば受かるほどよい難易度だと思いました。, DBCS の試験対策として最も重要なことは実際に動かしてみることだと思います。無償トライアル期間内に学習、受験できるように DBCS に接続するために必要なことを確認しておくなど事前準備を整えてからトライアルの申し込みを行うのがよいと思います。, 弊社では、Oracle Database Cloud Service のサービスを展開しており、自身のOracle Cloudのスキルの確認と強化の為に受験いたしました。, Oracle Database Cloud Service はシンプルな操作で使用できるものとなっている分、出題内容は狭く感じました。一方でOracle Database Cloud Service に関する知識だけでなく、従来の Oracle Database に関する知識も必要になっていると感じました。, 無償トライアルにて実際にサービスに触れてみることと、よくマニュアルを読み込んでおくとよいと思います。, 弊社では Oracle Database を中心としたデータベース技術に関わるプロフェッショナルサービスを提供しており、オンプレミス、クラウド関わらずサービスを提供できる技術者になりたいと考え、資格を取得しようと思いました。, Database Cloud Service がシンプルで扱いやすかったと感じており、試験そのものもわかりやすく十分に学習してポイントを押さえておけば、難易度はそれほど高くないと感じました。, 情報はOTNセミナーの勉強会資料やマニュアルなど多くあり、また無償のトライアル版で試すことも可能です。ぜひ実際に触って、ORACLE MASTER Cloud を目指してください。, Oracle Database Cloud Service でのビジネス展開を目的として、昨年末より Oracle Database Cloud Service を契約し、実機による検証作業に参画してきました。DBCS 資格試験のリリースは、まさにタイムリーで是が非でも取得すべき資格でした。, 昨年の8月から Oracle Cloud を推進するプロジェクトを本格的に開始し、技術的な中心メンバーとなったため。, Oracle Cloud をよく使っていることもあって、事前勉強なしで受験したところ、想定していない範囲の出題が多く、けっこう難しいと感じた。, Oracle Database Cloud Service はオンプレミスと共通のテクノロジーが多いため、クラウド固有の知識は少なめです。Webで公開されている「, 弊社では、Oracle Database に代表されるオラクル製品に関連する新技術の取得を全面的に推奨しています。さらに、ITエンジニアにとって、今後クラウド関連技術は必須のスキルであると考えておりますので、ORACLE MASTER Cloud Oracle Database Cloud Service 資格を自ら先んじて取得し、今後全社的な資格取得の後押しをしたいと考えました。, Database そのものはオンプレミス環境と同様であり、これまでに培った知識が生かせます。また、仮想ネットワークや仮想マシンなどのインフラ寄りの技術については、他社クラウド技術と類似している部分が多いため、同様にそれらの知識が生かせます。難易度はさほど難しくないと感じました。. 1.Oracle Cloud Infrastructure Certified Architect Associateとは, 2.Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect試験徹底解析, 3.Oracle Cloud Infrastructure Architect資格取得のメリット, 4.Oracle Cloud Infrastructure Architect最速攻略法, 公式のセミナーですので品質は折り紙付き、問題+解説で非常にわかりやすく良質な内容がYoutubeでどこでも学習できてしまいます。, 【現役SEのMBA挑戦記】純ドメゼロからのTOEFL勉強記録#2019年6月~海外留学準備~, https://www.youtube.com/watch?v=4K06xyhJGfc, https://www.youtube.com/watch?v=XswXZ0QO-FM, https://www.youtube.com/watch?v=oBX9vr5wPdM, 【保存版】オラクルマスターブロンズとは?未経験者も3ヶ月で試験合格の最速攻略法を解説!Oracle Master Bronzeの効率的な勉強法や資格取得のメリットも。, 【2019年最新版】ITILファンデーション(PeopleCert)合格の攻略法~ITIL Foundation資格~, 【保存版】オラクルマスターシルバー徹底攻略!ブロンズ取得から1ヶ月で試験合格可能な最速攻略法を解説!Oracle Master Silverの効率的な勉強法や資格取得メリットも解説, 【合格体験記】AWS 認定クラウドプラクティショナー試験(AWS Certified Cloud Practitioner), Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect試験 [1Z0-932], Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect (1Z0-932) 試験, [1Z0-932] Oracle Cloud Infrastructure Architect資格試験を徹底攻略!オラクルクラウド技術者への登竜門!効率的な勉強法や資格取得メリットも解説, 主要な Identity and Access Management(IAM)コンポーネントの適用, 試験配信の終了日を過ぎても、Oracleが認める最新バージョンの資格にアップグレードすれば, 試験配信が終了する場合は、90日以上前に認定資格ページ(CertView)でアナウンスされます. 皆さん、こんにちは! 日本オラクルの野村と申します。このたび、ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12cの資格取得を目指した連載の執筆を担当いたします(全9回の予定です)。現在最新のOracle Databaseのバージョンは12cですが、バージョンが上がるごとにORACLE MASTERの試験も難易度が上がってきています。この連載では試験の傾向やポイントを絞った上で、よく出題される問題や少し難易度が高い問題などをピックアップして解説していきたいと思います。これから資格取得を目指している方や、試験を受けたけど残念ながら合格できなかった方、一緒に学習して合格を目指していきましょう!, まず第1回目はORACLE MASTERという資格の説明に加え、学習用の環境構築方法とその重要性について説明します。2回目以降は、問題を解きながら解説をしていく予定です。, まずはこれから立ち向かう強敵(?)であるORACLE MASTERという資格がどのようなものであるか、知っておきましょう。おかげさまで、国内のリレーショナルデータベースソフトウェア市場においてOracle Databaseは、現在のところ約50%を占めています。それに伴う形で、ORACLE MASTERの資格は業界内で非常に高い認知度と評価をいただいています。そのため、この資格を取得することで、自らのモチベーションアップはもちろんのこと、ご自身の市場価値を大きく高めることができます。その結果、例えば就職活動を有利に進めたり、あるいは競合他社企業との差別化を図ったりすることが可能になるなど、様々なメリットが得られます。, 「ORACLE MASTERを取得している人が在籍している企業なら、安心して任せられる!」, では、今回の連載でお話するORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12cという資格は、どのような位置づけになっているのでしょうか? 以下の図をご覧ください。, ORACLE MASTERの各資格は、下からBronze、Silver、Goldと続き、最高峰がPlatinumとなっています。上に行けば行くほど試験の難易度も上がっていきます。Gold試験までは選択式で問題を解いていくことができますが、Platinum試験は実技試験ということもあって非常に難易度が高い資格となっています。しかし難易度が高いということは…… 裏を返せば、資格を取得した暁には, 皆さまには、ぜひこのピラミッドの最高峰であるPlatinumまで目指していただきたいと思いますが、Bronze資格の取得というのは、そのための非常に重要な第一歩といえるでしょう!, では、ピラミッドの一番下に位置するORACLE MASTER Bronze 12cという資格は、簡単に取得できるのでしょうか? 結論から言うと答えは「No!」です。まずBronze 12cの資格を取得するためには、以下の2種類の試験に合格(※1)する必要があります。, ※1 過去バージョンの資格をすでに取得されている場合、取得済の資格によってはSQL試験が免除となる場合があります。各試験の詳細(試験時間、出題数、合格ラインなど)及び移行パスについて確認したい方は、Oracle Universityのサイトをご確認ください。, なお、この連載のSQL試験の解説では、最新バージョンである12c SQL基礎[12c SQL](試験番号:1Z0-061-JPN)について解説いたします。, データベース管理者として必須となるアーキテクチャの習得と、DB内のデータを扱うためのSQLの習得を目的とした試験となっています。どちらも基礎的な内容に見受けられますが、安易に考えて臨んではいけません!, 何を隠そう、実は私、今はPlatinum資格を保有していますが、これまでのORACLE MASTER試験で唯一落ちたことがあるのが、BronzeのSQLなのです……, 筆者が試験に落ちたのは「SQLは普段からある程度扱っているし大丈夫だろう」と安易に考えて臨んだことが原因です。しかし、それを差し引いて考えてもBronze 試験は、なめてかかると痛い目に合いますよ。ではどのように勉強すればいいのでしょう? それは、これから説明していきましょう。, 資格試験というと、まずは問題をたくさん解くという勉強方法が皆さんの中に浮かぶのではないでしょうか。ORACLE MASTER Bronzeについては問題集が市販されているので、それらを活用して問題をたくさん解いてみるというのは有効な勉強方法だと思いますが、問題を解いていく過程でよく理解できない部分や、操作のイメージが沸いてこないなど、様々な不明点が出てくるのではないかと思います。その際に重要なのは必ず実機での確認、つまり実際にOracle Databaseを使って動作検証を行って理解を深めていくというプロセスです。これが非常に大事になってきます。, この実機操作での確認というのはBronzeのDBA、SQLの両試験だけではなくSilver、Gold、Platinumのすべての試験においても同様に重要です。もっと言ってしまうと、試験勉強だけにとどまらず真のデータベースエキスパートを目指すために「不明点は必ず実機を使って確認していく」これを忘れないようにしてください。, 筆者が過去にBronze試験に落ちたのは、実機操作をほとんど行わなかった…… これが大きな要因だったと思います。, ちょっと試験の話とは離れますが、本当に重要な内容になりますので、実機を使った操作がどれだけ大切なのか、筆者の体験談を踏まえてもう少しだけ説明します。, 筆者は過去に新人教育なども請け負った経験がありますが、質問を受けたときには「実機で確認した?」という言葉をかなりしつこく使いました。実機操作に慣れてない新人の時期には確認操作に時間がかかりますし、「答えを知っているなら教えてくれれば……」と思った人もいたかも知れません。しかし、実機を使い不明点を確認していった人と、書籍や人に聞いて答えだけを得ていた人とでは、確実に差がつきます。筆者の経験上、大体3年目ぐらい経てば、スキルレベルの差はもう歴然です。実機を使って学習した人は、様々な事案やトラブル案件など、臨機応変に対応ができる応用力を確実に発揮できます。こうなってくると、検証作業のスピードも差が出てくるわけですから、時間が進むにつれてレベルの差は開いていく一方という感じになりますね。, 苦労して導き出した答えというのはなかなか忘れません。また答えにたどり着くまでの道のりにもいろいろな付加価値があり、それもまた知識となって蓄積されていきます。仮にちょっと忘れてしまったとしても、実機操作ですぐ思い出せることが多いです。, 左のように簡単に解答を得るよりも、右のように最初は時間がかかっても実機を操作して理解するほうが、はるかに多くのものを得られる!!, 書籍で調べることや人に聞くという行為自体が悪いわけではありません。ただ皆さんには、不明点などは一度実機でも確認するぞという「癖」をぜひ身につけておいてほしいと思います。, さて、実機での確認がいかに重要であるか、ご理解いただけたと思います。しかしながら、いざ実機を使って勉強しようと思っても、お客様の環境を使うわけにはいきませんし、仮に自分の会社に検証用のデータベースがあったとしても、なかなか自由には使えないことが多いでしょう。そこで何をやっても怒られない自分だけの自由な検証機を構築しましょう!, Oracle Technology NetworkというOracleのサイトがあり、こちらから評価版のOracle Databaseを無償でダウンロードできます。, こちらのサイトでは、製品のダウンロードだけでなく様々な技術情報も取得できます。これを機会にぜひ登録をしていただき、有効に活用してください。以下、製品のダウンロード方法について順を追って説明します。, 今回はWindows版のOracle Databaseをダウンロードします。File1、File2を選択してください。製品のダウンロードの前に、ユーザー登録が必要になります。, 製品のダウンロードが完了したら、Oracle Databaseソフトウェアのインストールとデータベースの作成を行います。こちらの作業の際に参考となる資料も用意しましたので、ご活用いただければと思います。, Oracle Database 12c Release 1のインストールとDB作成, またOracleのインストレーション・ガイドのマニュアルも参考に実施するといいでしょう。, Oracle® Databaseインストレーション・ガイド 12cリリース1(12.1)for Microsoft Windows, 今回はWindows版のOracleを使用して学習を進めていきますが、Linux版のような他のOSの環境を使用したいということであれば、無償のOracle VM VirtualBoxを活用することで簡単にご使用のパソコンの中に別のOS環境を構築できます。こちらについてもOracle Technology Network(OTN)からダウンロード可能ですので、ぜひ挑戦してみてください!, さて、第1回はORACLE MASTERという資格の説明と、次回以降使用するための環境構築を行いました。次回からはSQLに焦点を当てて、実際に問題を解きながら解説していきます。合格目指してしっかりと学習していきましょう!, OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。, 日本企業にて、某国産データベースのサポート業務を行った後、オラクルデータベース製品を扱う仕事に携わる。緊急トラブルや現地対応の業務、パフォーマンステストなどの構築作業を経て、日本オラクルへ入社。日本オラクルではオラクルユニバーシティ研修部に所属し、オラクルデータベース関連のコースを幅広く担当。また、各種ORACLE MASTER資格の試験対策も手がけている。業務外ではお酒(ワイン, 日本酒 etc..)をこよなく愛し、一度お店にいくと顔を覚えられるほどの酒豪でもある。, 「OSSfm」は“オープンソース技術の実践活用メディア”であるThink ITがお届けするポッドキャストです。, ORACLE MASTERの取得を目指した連載の第1回となる今回は、この資格の概要とその必要性について解説する。, ORACLE MASTERの取得を目指した連載の第9回は、データベースのバックアップとリカバリについて学ぶ。, ORACLE MASTERの取得を目指した連載の第8回は、データベースを構成するファイル群について学ぶ。, ORACLE MASTERの取得を目指した連載の第7回は、リスナーを介したネットワーク経由の接続方法やインスタンスについて学ぶ。.

生島ヒロシ 自宅 場所 4, ポケモン 読み 合い コツ 9, カイジ 映画 利根川 名言 5, ゲーフラ 作り方 エクセル 6, かぐや様は告らせたい 最新話 感想 10, Fc東京 スクール 体験 5, カーテン 粗大 ゴミ 6, 漆黒のヴィランズ メインクエスト 一覧 9, 動く デスクトップ壁紙 アニメ 46, あつまれどうぶつの森 オリビア 人気 9, Ykk Cm 2020 5, Wows 技術ツリー 進め方 43, ハリアー 30系 ミラーリング 5, 自衛隊 退職 できない 5, Ff14 ヌシ リスト 4, 足跡 英語 Sns 9, 北見市 2 ちゃん 22, 空 名前 女の子 23, 言い にくい 力士の名前 5, ソ イングク 最近 10, ペレ が 選ぶ 偉大 な サッカー 選手 100 人 6, 不織布マスク 洗い方 ファンデーション 13, 広島ホームテレビ アナウンサー 斉藤 6, カバルドン 色違い 剣盾 14,