(4)クロスボウ・ピストルクロスボウはその性格上、凶器とみなされる場合があります。 お客様の良識で正しくご使用ください。 また地域によっては、18歳未満の方の購入所持を禁じている場合がありますのでご注意ください。 クロスボウ(英: crossbow)は、西洋で用いられた弓の一種であり、専用の矢を板ばねの力で弦により発射する武器である。漢字圏で弩(石弓)と呼ばれるものと構造がほぼ同一となっている。ヨーロッパでボルト(Crossbow bolt)、クォレル(またはクォーラル;quarrel)などと呼ばれる太く短い矢を発射する。木でできた台(弓床)の先端に交差するように弓が取り付けてある。 クロスボウの矢の種類 クロスボウに使われる矢の種類について解説しています。クロスボウではどのような矢が使われるのでしょうか。クロスボウに使われる矢の種類弓道やアーチェリーで使われる矢と違ってクロスボウでは専用の矢が使われます。 クロスボウに使われる矢の種類 弓道やアーチェリーで使われる矢と違ってクロスボウでは専用の矢が使われます。 ボウガンの性質に合わせて太く短い矢になっていて、ヨーロッパではボルト (Crossbow bolt) 、クォーラル(quarrel)なんて呼ばれています。 Leclerq 1907–52 5/1, 721–722に引き継がれた。 ほかの参考書として、Bernhardi Jahrbuecher der deutschen Geschichte, I Leipzig 1883, 154–160: Tenth Ecumenical Council: Lateran II 1139, Internet Medieval Source Book, 1 November 1996, retrieved 5 May 2007, The Crossbow > Chapter 14 > Contrivances for Bending the Bow > Cord and Pulley > p.73, The Crossbow > Chapter 16 > Contrivances for Bending the Bow > Screw and Handle > p.83, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=クロスボウ&oldid=79372988. クロスボウとは矢を飛ばす武器の一種であり、非常に高い威力を持つ。 弓床と呼ばれる台の先端に、弓(主に金属製)が交差するように取り付けられている。 名称はそこから付けられた物。 弦は機械仕掛けによって固定され、引き金を引くことで開放される。 クォレルやボルトと呼ばれる専用の小型矢を使用する。 東アジアでは弩と呼ばれ、主に中国歴代王朝の軍において広く使用された。 また古代日本においても、「おおゆみ」「いしゆみ」と呼ばれ、使用された記録がある。→弩 ※このように矢をつがえ … 3-4 クロスボウが使用された事件の矢の発射場所等 13 4 クロスボウに関する相談の実態 14 5 クロスボウの実験結果 15 5-1 クロスボウの威力①~物品に対する射撃実験 15 5-2 クロスボウの威力②~銃砲と … ボウガン、クロスボウのオプション品、パーツ、消耗品を選ぶ場合の一覧はこちらです。弦、矢、弓、ケーブルなどの消耗品から、スコープやドットサイト、ショルダーなどのオプション品を取り揃えてお … 矢の長さの種類がなく、「アルミ」または「ABS」からお選びできます。 ※フルサイズクロスボウ用の矢はご利用できません。 ・アルミ矢 ピストルクロスボー用 12本 50~80ポンド用 ManKung製 ・ABS矢 ピストルクロスボー用 12本 50~80ポンド用 ManKung製 クロスボウ(英: crossbow)は、西洋で用いられた弓の一種であり、専用の矢を板ばねの力で弦により発射する武器である。漢字圏で弩(石弓)と呼ばれるものと構造がほぼ同一となっている。ヨーロッパでボルト (Crossbow bolt) 、クォレル(またはクォーラル;quarrel)などと呼ばれる太く短い矢を発射する。木でできた台(弓床)の先端に交差するように弓が取り付けてある。, 日本ではボウガン(bow(矢)とgun(銃)を合わせた和製英語)という表記がされるが、これは株式会社ボウガンの商標名でもあったため、報道などでは、クロスボウを和訳した洋弓銃(ようきゅうじゅう)という呼称が使われていたが、近年は商標登録の更新をしていないため、「ボウガン」あるいは「ボーガン」という表記も使用されている[1]。中国語では十字弓とも訳される。, 同じ系譜の武器である東洋の弩が歴史に姿を現したのは紀元前6世紀頃からで、紀元前4世紀には機械式の弩も生まれていた。もっとも信頼できる使用された記録は、紀元前340年の中国で起きた馬陵の戦いの時の物である[2]。また、紀元前4世紀頃の古代ギリシアではガストラフェテス(γαστραφέτης, gastraphetes)という腹と地面を使い、体重をかけて固定して、背筋を使って弦を引く方式のクロスボウが存在した(γαστρ-(γαστήρ)は腹、ἀφέτης < ἀφίημιは「(武器を)放つもの」を意味しており、この武器の名前は「腹当て機」とも訳される)。, 西洋ではクロスボウが狩猟に用いられることもあり、11世紀以降になってから戦争でも使用されるようになった。, それまで一般に使われていた弓は、他の武器に比べ射程が長く強力ではあるものの、弓を引き絞って構えるための筋力と、その状態で狙いをつけて放つための技術・訓練が必要で、弓術の訓練を受けた弓兵や狩猟で猟師以外には扱いにくかった。またモンゴル帝国など騎射による強力な軍隊を有する勢力が優位となってからも、幼少から馬と弓に慣れ親しんだ騎馬民族以外には簡単には真似できないことから軍事的に大きな優位となっていた。, これらの弱点を克服するために、台座に弓を取り付けることで固定し、あらかじめ弦を引いてセットしたものに矢を設置して引き金(トリガー)を引くことで矢を発射できるようにしたものがクロスボウである。弓のように長期間の訓練が不要となり、ほぼ素人でも強力な弓兵として運用が可能となった。また、台座を固定して弦を引っかける時だけ力があればいいので、手では引けないような強力な弓を搭載することで、威力や射程を大幅に高めたクロスボウも登場した。, 弦を引く方式にはいくつかの種類があり、初期には、台尻の腹当てを腹にあてて体重を使いながら手で弦を引っ張ったり、先端にとりつけたあぶみに足を掛けたり、腰のベルトの鉤に滑車の鉤をかけて立ち上がったりすることで弦が引かれる方式[3]、ゴーツフット(goat'foot。山羊の脚)というレバーで弦の掛け金をてこの原理で引く方式[4]、てこの原理でレバーを押す方式、後部のハンドルをネジのように回すことでハンドルが後ろへ下がり弦が引かれるスクリューアンドハンドル(Screw and Handle)方式[5]、後々にはウィンドラス(windlass)という後部に付ける大きな両手回し式のハンドルを回して弦に繋がる滑車を巻き上げる方式や、クレインクイン(cranequin。クレインクラインとも)という下部や側部に付ける足掛け不要な片手回し式ハンドルを回して歯車と歯竿で弦を引く(ラック・アンド・ピニオン)方式のクロスボウなども誕生した。一部には弓の張力をやや落してハンドル操作で矢のセットと弦をつがえる操作を行えるリピーター・ボウも登場したが、こちらは威力が小さく構造が複雑で故障も多かったため、あまり普及せずに終わっている。, クロスボウは扱いが簡単であるが威力は高かったため、被弾した兵士に致命傷を与える危険性があった。致命傷を与えてしまうことは、生け捕りにして身代金を要求するという当時の戦争のやり方にもそぐわないものだった。そのため、各地の騎士・貴族からこの武器に対して猛反発が起こり、1139年にインノケンティウス2世が召集した第2ラテラン公会議で、「キリスト教徒への使用」は非人道的として禁止する教令が出されるほどにもなった[6]。しかし、対異教徒に限定されず使用され、1199年にリチャード1世がクロスボウによって死亡した事例なども見られる。, 中世のイスラム世界では、7世紀頃に中国から伝わった。足で押さえ付けて弦を引くことから足弓(qaws al-rijl)とも呼ばれ、引き金の両横に足の踏み場があるアクゥアル(qaws al-'aqqar)、先端に足を掛ける金具がある鐙弓(qaws al-rikab)などの発展系もある。9キログラム以上のボルトを打ち出す巨大なアクゥアルも見られる。11世紀頃の東ローマ帝国ではtzangra,tzagra,tzarcheなどと呼び、ペルシア由来の大型クロスボウはザンバーハ(zanburak;ペルシア語でハチを意味するzanburに由来)、軽量のクロスボウがアラビアで派生したものはジャーハ(jarkh)という。西欧人の武器としてフランク弓(qaws fereng)とも呼ばれた。, 現代のクロスボウはボディが主にプラスチックやアルミニウム、チタンなどの軽量素材で製造されており、リム(limbs, 弓の部分)は概ねグラスファイバー製である。, ボルト(矢)はアルミニウムやCFRP(炭素繊維強化プラスチック)、GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)が用いられる。, リムに滑車が搭載されているものはコンパウンドクロスボウ、それ以外はリカーブクロスボウと呼ばれる。, コンパウンドクロスボウは滑車の原理を利用したもので、ドローウェイト(弦を引くのに必要な力)が同じリカーブクロスボウと比べ、同じ質量の矢を発射した場合により大きな初速を得ることができる。しかし、コンパウンドクロスボウはリムに滑車を搭載している構造上、リム自体が重くなり前方に重心が偏るフロントヘビーになりがちである。また、弦を交換する際にボウプレス(bow press)と呼ばれる専用の道具を用いる必要があるため、メンテナンスの容易さではリカーブクロスボウが勝ると言える。, 一般的に無音と信じられているが、現実はメーカーや製品により個体差があるが弦が空気を切り裂くため、サイレンサー付きの銃よりは発生する音が小さいとはいえそこそこ大きい音が出る。, 扱いやすくするため、小型化、軽量化や使用の簡便化が図られている。大型で強力なクロスボウ(ヘビー・クロスボウ)に対して、ライト・クロスボウと呼ばれることもある。, バリスタのように石や弾も発射可能な、ストーンボウやバレット・クロスボウなどと呼ばれるタイプのクロスボウも作られた。, 変わった用途としては、クジラの科学調査のために、クジラにクロスボウで特殊な矢を射ち込んで生体サンプルを採取する事例がある。, クロスボウの原型となった弓が銃の登場で駆逐されていったのに対し、武器の使用にさほどの熟練を必要とせずまた火器とも操作方法が共通するクロスボウは、ごく最近まで現用兵器として使われていた。, 大規模且つ一般的な戦場での兵器としては、第一次世界大戦での使用が最も新しい。もっとも、矢を発射するという本来の用法よりも、小型の爆発物を投擲するために使われることのほうがずっと多かった。, これは、矢よりも銃弾の方が射程・威力とも大きいこと、その一方で、第一次大戦において、塹壕を介した対峙が頻発したことによる。互いに塹壕内にいるために、銃撃は効果が薄く・手榴弾は届かない、という状況下で、クロスボウによる爆発物投擲は大きな効果があった。, また、銃砲はハーグ陸戦条約により消音装備を使用しにくい環境が生まれたこと(その消音装備も、実際に高い効果をもつ製品が現れたのは1970年代になってから)に対し、クロスボウはその影響を受けなかった。, つまりは、ハーグ陸戦条約という「スポーツマンシップ」が、クロスボウに現用兵器としての活躍の場を残したと言える。, 第二次大戦以降、本格的な小型爆発物投擲兵器(グレネードランチャー。投擲用クロスボウよりもずっと小型で軽量かつ連射性・遠射性が高く、小銃との併用も可能)が導入されたことにより、投擲兵器としてのクロスボウは戦場からほとんど姿を消した。, しかし、消音・無音の兵器というメリットから、1970年代に銃が実用的な高性能の消音装置を得るまで、特殊部隊やスパイによって特殊作戦などで敵の歩哨(見張り)や軍用犬の殺害に使われ続けた。もっとも、殺傷力は銃に比べてはるかに劣るため、対人用のクロスボウには矢じりに様々な「工夫」が施されていた。, なお、ゴーツフットなどのレバーやクレインクインが繋がる部品をラッグと言う。ラッグではなく金属製のリングを使った物もある, この情報源はKarl Joseph von Hefeleの書いた「Histoire des Conciles」の原稿を翻訳したものに収録され、H.

Oppo Ax7 フィルム 剥がし 方 6, パズドラ 50 以下 リーダースキル 5, Picuki ストーリー 足跡 41, Monochrome Syndrome コード 5, インターン 私服 女 5, Issa インスタライブ 2020 4, 東京03 角田 似てる 15, オドぜひ 村瀬 スタッフ 5, 凪のあすから 再 放送 2020 4, Bbc びわ湖 放送 Cm 4, ミラティブ 視聴者数 Bot 7, Pubg 服装 かっこいい 8, 長居スタジアム Bts キャパ 4, Youtube 心霊動画 おすすめ 27, 英語 動詞 検索 8, F4 ファントム 魔改造 8, Always On Display 不具合 12, デジモンアドベンチャー02 最終回 太一 28, Hige Wo Soru Raw 31, 有吉 み ちょ ぱ 熱愛 29, シティーハンター 最終回 アニメ 4, Yzf R1 シート カウル 外し 方 4, ダーク ライダー 最強ランキング 50, 田中みな実 ピアス おしゃれイズム 5, 赤 作り方 マゼンタ 26, Nec ネッツ エスアイ 難易度 15, ストレングスファインダー 個別化 アレンジ 6, 西八王子 事故 今日 4, 朝夏まなと 退団 お花渡し 6,